環境省令和3年度脱炭素型金属リサイクルシステムの早期社会実装化に向けた実証事業(太陽光パネルの収集・リユースおよび非鉄金属の回収に係る技術実証)

PV Cycle ORG
お問い合わせ

実証事業の主旨説明

業務の概要

実証事業の名称

令和3年度脱炭素型金属リサイクルシステムの早期社会実装化に向けた実証事業(太陽光パネルの収集・リユースおよび非鉄金属の回収に係る技術実証)委託業務

業務の発注元

環境省

業務の発注先

イー・アンド・イー ソリューションズ株式会社(幹事法人として)
ネクストエナジー・アンド・リソース株式会社(共同実施者として)
一般財団法人秋田県資源技術開発機構(実証事業の一部再委託先として)

業務の内容

  • 金属濃縮技術の検証(秋田県をフィールドとする実証事業)
  • 処理ルート構築の検証(埼玉県をフィールドとする実証事業)

※本ホームページでは、便宜的に、「埼玉県をフィールドとする実証事業」を、単に「実証事業」と呼んでいます。

埼玉県をフィールドとする実証事業の目的

住宅などの小規模な太陽光発電所から散発的に不要物として発生する太陽光パネルについては、現在、収集の受け皿がありません。また、不要物として発生する太陽光パネルがリユース品として活用できるかどうかについての基礎データも、ありません。

本実証事業では、住宅用太陽光発電所の導入量が日本で2番目に多い埼玉県をフィールドにして、太陽光パネルの回収事業を行うとともに、収集した太陽光パネルのリユース品としての活用可能性を評価することを通して、太陽光パネルの収集・運搬・リユース・リサイクルの課題を検討し、課題解決に向けた展望を整理します。

回収事業の期間中、不要になった太陽光パネルを、回収拠点で無償で引き取ります。

本ホームページの「回収事業への参加方法」のページに記載している手順にしたがって、不要になった太陽光パネルを回収拠点までお持ち込みください。

ただし、外観から明らかに破損していることが分かる太陽光パネルは、引き取り対象外です。

ページのトップへ戻る